病院とプロペシア

there are many blister packs

発毛外来にて私が出会ったのは、プロペシアという育毛剤でした。プロペシアはAGAの原因を取り除いてくれるのですが、効果を実感できるまでには莫大な金額と、初期脱毛の恐怖を乗り越える必要があります。生えてくるまでの間にストレスでさらにハゲるのではないかとおびえていたのですが、効果は確かにありました。

希望の光

a woman hugging her son and worrying

プロペシアは効果が高いのですが、値段も高い。金銭的な事情から治療をあきらめようかと思ったのですが、通販のフィンペシアに出会ってからは考え方が大きく変わりました。プロペシアのジェネリックであるフィンペシアは、非常に安価でAGA治療ができます。

若くして禿げる

a man feeling worry while reading a paper

「ハゲ」。小学生の頃にこのような暴言を吐いたことのある方も多いのではないでしょうか。
担任の先生、近所のおじいちゃん、頭をけがした同級生。小学生の頃は何かと誰かに「ハゲ」といいたくなります。
私もそうでした。やんちゃ盛りのころには担任の先生にハゲハゲ言っていたものです。まさかそんな私が25歳にして禿げるとは誰が思っていたでしょうか。
これはある種の天罰かもしれませんね。当サイトでは私とハゲの闘病の記録になっています。今ハゲている方、これから禿げそうな予感がする方は、男性の髪の毛に脅威をもたらすAGAという名の悪魔について知っておきましょう。
そして同時に、その悪魔と戦うための「プロペシア」や「フィンペシア」などの育毛剤についても知っておきましょう。

私が自分のハゲに気付いたのは、25歳の誕生日を過ぎた頃でした。普段は目に入らない頭頂部の毛が露骨に薄くなっているのに気付いたのです。
若くして禿げる方の共通項ですが、最初は現実を否認します。しかしあれよあれよという間に前からも病魔が忍び寄ってくるので、この頃にはもう言い逃れのしようがない状況になっていました。
自分がハゲ始めてから、初めてハゲについて調べてみたのですが、若い男性に見られる脱毛症のことをAGAと呼ぶそうです。AGAの特徴は、頭頂部もしくは前頭部からどんどんハゲが進行してくるというものです。
中には頭頂部と前頭部両方から進行していく最悪のパターンもあるのですが、私の場合がそれでした。
「今までハゲてこなかったのに、急にハゲるなんて聞いてないよ!」と思って原因についても調べてみたのですが、AGAの原因は「ストレス」や「遺伝」という何とも無慈悲なものでした。
この理不尽に立ち向かうことを決意するところから私の闘病の日々が始まります。私が「プロペシア」「フィンペシア」といった育毛剤の名前を知るのはもう少し後のことになります。

守る薬と攻めの薬

a tray contain many pills

本気で薄毛を治療したい場合は、フィンペシアと一緒にミノキシジルの育毛剤を利用しましょう。フィンペシアは守りの薬、ミノキシジルは髪の毛を強くする攻めの薬として使うことができます。